国民健康保険から会社に勤め社会保険にかわりました。

笑い出して」

「ソフィア、聞け。こいつな、お前の事を知らんらしい」

当たり前だと思う。だって初対面だし? それにいきなり斬りつけられたし?

「……ふーん。まあ、勇者と同じなら当然なんじゃない?」

「だが、勇者でもなさそうだ。で、こいつは我らに命乞いしてきた。手を引いて欲しいんだそうだ」

「……話せるなら貴方が伝えてくれればいいでしょ? 無理って」<a href=”http://www.shoessrecognize.info/nike-r4ot-15.html” title=”アディダス 靴”>アディダス 靴</a>

「だよなあ。しかしその理由として問うてきたのが、ヒューマンの女性が魔族に味方しているのがばれるからか? だからな。思わず笑ってしまったぞ」

何がおかしいのか。ただ、状況が悪いのは間違いない。敵意が濃くなったから。

「女神もわからぬことをする。こんな何も知らぬ者を戦場に放るとは。まさか既に手駒が尽きたでも無さそうだが。お前、名も知られず殺されるのも名も知らぬ者に殺されるのも本意ではなかろう? 名乗りを許すぞ」

「殺される心算は無い。が、そういう時はそちらから名乗るものじゃないのか」

精一杯の強がりだ。それにこの化け物とは出来るならエンカウントを避けたい。情報を求めますよ、僕は。

「くく、口先は一人前か……ふむ。よかろう。ならばこちらから、この世界一の剣を振り回すのがソフィア=ブルガ。『竜殺し』の二つ名と920というレベルで有名な女だ。そして我はランサー。まあソフィアからは御剣と呼ばれる事が多いな」

……。

……え?

ソフィア=ブルガ? 竜殺し?

それって、ギルドの元最高レベルの人じゃないか。それに、ランサーってのは確か、そのソフィアが殺した竜の名前じゃない? そうだ、二つ名みたいのが確か御剣だった。

もしもし? もしもーーーーし!!

全くもって、そんな大物に狙われる理由は無いぞ?

「……僕はライドウ。商人だ」

辛うじて自分も名乗る。だが、心の波は一様に収まらない。人の最高峰と、巴のお仲間に襲われている現状を整理しきれない。

「ライドウ、か。商人とはまた見え透いた」

「ふ~ん、ライドウか。名乗りは終わったのね。改めて私はソフィア=ブルガ。見ての通り魔王側に付いたりしてみた冒険者よ。で、貴方を殺す人」

ランサーの言葉を途中でかき消し、ソフィアは僕に殺す宣言をしてくれる。この女、どういう考えしてるんだ? 女神に弓引くなら友達になれそうな気もするけど、どうして殺すってなるんだよ。<a href=”http://www.shoessrecognize.info/sneakers-r4ot-14.html” title=”adidas originals”>adidas originals</a>

「ソフィア、我が話している途中だというのに。ライドウとやら、それではさよならだ。お前は見て欲しくないものを見たからな」

勝手に見せておいて、なんて勝手な。

言葉が終わるより早く。ランサーの周囲と僕の周囲、それに空に彼の作り出した刃が具現化した。

話そうにも、それどころではない、って状況だな。

笑える。本当に笑える。

こんな意味のわからない詰み方、冗談じゃない! せっかく出来た仲間にも頼れず、誰にも知られずに死ぬなんて絶対に御免だ。

手加減なんて考えてやるもんか。というか最初から驚きっぱなしで手加減とかしてないけどさ!

何としても一分の時間を作り出して逃げてやる!!

血の出すぎで気持ち悪いのもある。クソ女神め、無茶苦茶な所に呼びやがって。最優先であいつの召喚に抗うすべを学ぶことを決めた。召喚系ってどのくらいまで学園で教えてもらえるだろうか。

この後に及んでも何も言わないし。あいつ、本当に見てるのか? 何とか言えよ!

「じゃ、行くわよ。女神の干渉の無い状態で貴方の馬鹿げた防御力も終了してるだろうし、ここからはただの殺戮になっちゃうけどね」

あ、干渉がどうのってそういうこと?

<a href=”http://www.shoessrecognize.info” title=”http://www.shoessrecognize.info”>http://www.shoessrecognize.info</a>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>