全員が顔を合わせたところで山形監督が告げる

梢荒辘艘欢趣长螑檳簸浃盲皮毪韦馈?
とてもじゃないが練習がきついからさぼろうかと思う気持ちなんかは吹っ飛んでしまう。
自分がどれだけのチャンスを与えられてここにいるのか、夢を見た後では否応なく理解してしまう。またあんな目に遭いたくないならば、たった一回の練習でもさぼっている暇なんかある筈がないのだ。
年に一度、前世の俺が今度の人生も怠けていないか警告してくれているのかもしれない。最近はそう考えるようにさえなってきた。

ま、今年に関しては怠けてもいないし、今日も試合がある俺には関係ないな。
すっかり濡れてしまった寝間着をバッグに詰め込んで、俺はシャワーを浴びに浴室に向かった。
汗と一緒に嫌な思い出も流してしまおう。

さっぱりした状態でホテルの食堂に行くと、監督を含め他の代表のメンバーはほとんどがすでに来て各自で食事を始めていた。
ここはバイキングの上に別に修学旅行とかじゃないんだから、全員で揃って「いただきます」とかはない。
外国の和食には期待できないと聞いていたのでパンとスープにサラダとベーコンエッグ、後はデザートとしてフルーツといった片仮名で統一されたメニューにする。

「おはようございます」
「お、アシカおはよう」<a href=”http://www.shopforconventionaljp.pw/”>ファッション シャツ メンズ</a>

一言朝の挨拶をしてから朝食を食べ始める。うん、まあどちらかといえば簡単な料理ばかりだから外れはないのだが、うちの母の作った物の方が口に合うなぁ。
朝食を食べ終わったメンバーもまだコーヒーを飲んだりしてこの場に残っている。部屋に戻って言葉の判らないテレビを見るより、ここで皆と一緒にいた方が試合前は心強いからな。

「もう全員朝食は食べに来たのかな?」

大きなテーブルを三つほど独占している日本代表の面々を見ながら俺が尋ねると、苦笑いしながら真田キャプテンが否定する。

「いや、まだ上杉が来てないよ。同室の俺が起こそうとしたんだが、声をかけても目を覚まさないし、揺さぶろうとしたらパンチを振り回してきて危ないから眠らせておいた」<a href=”http://www.shopforconventionaljp.pw/”>シャツ</a>

キャプテンであるが故に問題児と同室にされた真田の顔には諦めの色が滲んでいる。不憫だなこの人。だからといって俺が部屋を変わってやるつもりは一切無いのだが。
それにしても流石はうちの誇るエースストライカーだ、アウェーの地でも熟睡できるとは神経が図太いぜ。このぐらいの神経をしていないと、最前線でゴールを狙い続けられないのかもしれないな。
そんな事を思っていると、噂をすれば影が差すのか話題になっていた少年が姿を現した。

「おはようさん」
「おはよう、上杉さん」
<a href=”http://www.shopforconventionaljp.pw/”>男性 ファッション 通販</a>
いつもはつんつんに突っ立っている髪もまだ寝癖がべったりとついているし、鋭い目つきもとろんとしている。彼が起動するまではもう少し時間がかかりそうだ。
なら試合直前とかではなく今起きてもらって助かった。こいつには今日の試合でたっぷり働いてもらわなければならないからな。
全員が顔を合わせたところで山形監督が告げる。

「一時間後にはこのホテルを出るぞ、朝食を食べ終えたら出発の準備しておけよ」
「はい!」
「お、おおう?」

一人目をこすって理解していない人間もいるようだったが、面倒をみるのは同室の人間がやるべきだよな。
俺はそうして腹を押さえながらも上杉を手招きする真田キャプテンと、彼に「俺が愛用している胃薬はドーピングの心配がないタイプのだから、お前にもわけてやろうか?」と尋ねる監督から全力で目を逸らし続けた。
もちろん真田キャプテンの「いえ、胃薬よりむしろ上杉との部屋を分けてくれたほうが助かります」との声も聞こえない。もし耳に入ったと気づかれたら自分がそのルームメイト交代の候 http://www.shopforconventionaljp.pw/ シャツ メンズ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>